水漏れを修理せずに下の階に流れたら

水漏れを起こしている状況は、普段とは異なる状態です。水道 修理をする必要があるのは当然ですが、集合住宅では大きな問題になることも少なくありません。修理をしておけばよかったと思っても、後の祭りになってしまうことも出てきます。万が一水漏れを起こして損害を発生させた時の責任の範囲も知っておく必要があるでしょう。

■水漏れの責任の範囲は

水漏れが起きれば、当然下の階に流れていくことが考えられます。その部屋にある資産は、本来正常に使えるはずだったのにもかかわらず、水漏れによって正常な状態ではなくなるというのが、賠償責任につながる部分でしょう。
責任の範囲を考える場合、自分の部屋に問題があれば、これは借主である自分の責任です。設備が老朽化してしまってメンテナンスもしていないというのであれば、管理会社や大家の責任となるでしょう。共有部分も同じです。自分が住んでいる場所以外は責任の範囲ではないと考えることもできます。

■加害者になったら

さまざまな条件が絡んできますが、共有部分に自分で何か設置していたとします。この設置物が故障して水漏れを起こしたのであれば、設置者の責任となるでしょう。共有部分だからといって逃れることはできません。自分でおこなったことは自分で責任を取ることになると考えるのが当然です。
こうした加害者になったら、すぐに管理会社などに連絡を入れます。下の階に連絡をする方法も考えていくことになりますが、管理会社を通して連絡を入れる方がいいでしょう。損害賠償責任を負うことになるため、正確な損害を確認しなければいけません。自分に非がないと思っていても、謝罪することが必要で、揉めない状況を作ることが大切です。

■まとめ
水漏れに関しては、個人賠償責任保険を掛けておくというのが対策になってきます。火災保険のオプションとして掛けることができるもので、入居時に必須としてあるところも出てきました。起きうる可能性があるのですから、もしもの時にはどうしたらいいのか、よく考えておくことが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ