水漏れの修理に大切な止水栓

水道設備には、個別に止水栓が取り付けられていることがあります。いちいち元栓を止めていては面倒だからです。目の前で操作できないことは、さまざまな不便を掛けることになりますし、他の水道設備も使えなくなってしまうことになるでしょう。それぞれに備え付けてあるものを理解しておけば、水漏れの修理も迅速におこなうことができるようになります。

■止水栓の位置は

止水栓がどこにあるのかといえば、必ず水道管の間に存在しています。これが大きなヒントになってきますが、トイレを見た場合、壁からタンクに水道管が接続されているはずです。給水しなければ、タンクに水をためることができません。
これを締めてしまえば、水漏れが続くことがなくなります。問題点としては、手で締めることができるタイプもありますが、大半はマイナスドライバーで締めるものとなりました。右方向に回すと締められますが、固着してしまってなかなか動かないこともありますので注意が必要です。

■洗面所とキッチン

洗面台は、給水管と排水管がある点に注意が必要でしょう。給水管のほうに止水栓が取り付けられていますが、ハンドルタイプが多くなっています。これも右方向へ回せば締められるようになっているのがポイントです。
キッチンは、流し台の下に空間があるのが一般的です。この奥に水道管があるため、止水栓も同じように取り付けられています。ハンドルタイプもありますが、マイナスドライバーもあるため、確認しておくことが必要です。同様に右に回せば締められます。

■まとめ
止水栓を覚えておけば、いざという時に素早く水漏れをとめることができるようになります。修理を考えるときにも、対応が早くなるでしょう。修理の過程で本当に止まっているかどうかを確認する場合、元栓にいかなくても済むようになり確実な対応もできるようになるのです。難しいものではなく、利用ができるように設置されているのですから、事前に確認しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ