水漏れの修理に必要な元栓の確認

水漏れを確認した場合、必ず修理が必要になってきます。ですが、水が流れてきている状態では、どんどん被害は拡大し修理は難しくなるでしょう。給水側からの問題の場合には、必ず止水栓や元栓を締める必要があります。元栓の名前は知っていても、一体なにかわからないといったことがないようにしなければいけません。

■元栓とは

元栓とは何かといえば、水道を止めるための水栓です。水が流れているだけではいろいろと問題が出てくるため、メンテナンスや修理の時にとめるためにつけられています。水量を調節することができるようになっており、給水の根元側に取り付けられているのが特徴です。
元栓を締めることによって、当然ですが水は流れてこなくなります。機械的に組み上げているのではなく、圧力をかけて送水している構造となるため、この元栓を締めなければ、修理をするとしても噴き出してくることになるでしょう。安全の確保ということでも、元栓を締めてから水漏れは修理しなければいけません。

■元栓の位置は

元栓の位置は、構造によって異なります。一戸建ての場合には、量水器のボックスの中にあると考えて間違いありません。最近のものは青色か鉄製のふたがつけられて目立つようになっているため、わかりやすくなっています。手で絞められるようになっているため確実に締めることがポイントです。
マンションの場合には、パイプシャフトを探さなければいけません。基本は玄関の横です。水道メーターがあれば、そこにあるのが元栓と考えていいでしょう。アパートの場合には、共有スペースに取り付けられていることがほとんどです。量水器が取り付けられているため、判断は難しくありません。引越した時に確認しておけば間違いありません。

■まとめ
元栓は必ず確認しておく必要があります。修理をするのであれば、必ず必要になってくるからです。水道が引かれていれば、取り付けられていない住居はありませんので、事前に確認しておくのが重要になってきます。いざ水漏れから修理の時に探すのは非効率ですし、焦ってしまうことも出てくるのですから、対策として考えておくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ