蛇口の水漏れ修理

水漏れでよくあるのが蛇口から出るものです。修理をしようと思えばできるか所です。ただし、構造を知っていて初めて水道 修理ができるようになるのは、他の場所と変わりません。そのままにしておけば、水道代はどんどんと高額になってしまうのですから、修理を含めて対処を考えておくべきでしょう。

■一般的に使われる蛇口の種類

蛇口は同じように見えて、2つのタイプがあるところが重要です。ハンドルの数によって分けられますが、昨今多くなってきたのがツーバルブ混合栓です。これは、水と給湯器の2つの経路があるのが特徴になります。
もうひとつのワンレバー混合栓は、ハンドルがレバーになっており、上下で水量も温度も調節できるようになりました。パーツの構造がそれぞれ異なってくるため構造による違いを考えておく必要があるでしょう。

■経年劣化が起こる部分を考える

水漏れしてしまう原因は、ツーバルブ混合栓の場合には、パッキンの下にスピンドリルが設置されており、これが異常をきたすことによって漏れることが大半です。スピンドリルは経年劣化もしますし、破損もするためで、定期的な交換で対処ができます。
ワンレバー混合栓の場合には、バルブカートリッジに問題が出やすいといえるでしょう。経年劣化する部分で10年もたつと水漏れを起こしやすくなります。定期的に交換してしまえば対処できる部分となってくることから、交換も難しくありません。

■まとめ
原因がわかったからといって、交換とはまた別問題です。ですが、ドライバーなどの工具があるだけでも交換できるようになるでしょう。交換する場合には、水圧がかかったままになっているため、止水栓などを締めて水が出てこないことを確認してから修理をしていくことが重要です。実際に解体してみると、そこまで難しい構造ではないため、慣れてくればだれにでも交換ができるレベルともいえるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ